春場所の黒星がショックで 白鵬「今年限りで引退」の衝撃情報

公開日:  更新日:

 年内に2横綱の進退が話題になるかもしれない。

 7日、横綱鶴竜(29)が5月場所(10日初日)の全休を発表。初場所中に痛めた左肩がまだ完治しておらず、3月に続いて2場所連続休場となった。3カ月以上経っても万全にならないのでは力士生命の危機。このまま引退する可能性もありそうだ。

 もっとも、横綱として存在感の希薄な鶴竜が引退したところで大相撲の興行に影響するとは思えない。しかし、白鵬(30)が引退となれば話が違う。某親方が声を潜めて「実は……」と、こう続ける。
照ノ富士に敗れ…

「年内いっぱい、11月の九州場所を最後に白鵬が引退するかもしれない。春場所(3月)でモンゴルの後輩、照ノ富士に敗れたのが相当ショックだったらしい。まわしの取り合いに負けた揚げ句に寄り切られた。どっちが横綱かわからない相撲だったからね。相撲内容も年々悪くなっている。周囲にも、自分の相撲が取れなくなってきたと話しているようだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る