• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

舞の海氏にまた嫌み…白鵬は一夜明けても“暴走”止まらず

 終わったことをいつまでもグチグチと、女々しい横綱である。

 27日に行われた名古屋場所の優勝一夜明け会見。2場所ぶり、35回目のVを飾った横綱白鵬(30)が、再び解説者の舞の海秀平氏をやり玉に挙げたのだ。前夜のNHK中継の優勝インタビューでは今場所序盤に舞の海氏が「白鵬の力が落ちている」と解説したことを引き合いに出し、「誰とは言いませんが……」とチクリとやったばかり。舞の海氏は恐縮しきりで、さながら晒し者の体だった。それをまたも蒸し返した。

「舞の海さんが言うように30歳ですから、力が落ちたことはあると思う。男はいずれ土俵を下りるし、一番一番大事に取っている。だから、寂しいことは言わず、長い相撲でも『辛抱して勝った』とか言ってくれればやる気が出る。力が落ちたと言われるとガクッときますから」

 力が落ちていることはわかっているが、それは言うな。非難はするな、褒め続けてくれ。でないと取れる相撲も取れない――要はそういうことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る