舞の海氏にまた嫌み…白鵬は一夜明けても“暴走”止まらず

公開日: 更新日:

 終わったことをいつまでもグチグチと、女々しい横綱である。

 27日に行われた名古屋場所の優勝一夜明け会見。2場所ぶり、35回目のVを飾った横綱白鵬(30)が、再び解説者の舞の海秀平氏をやり玉に挙げたのだ。前夜のNHK中継の優勝インタビューでは今場所序盤に舞の海氏が「白鵬の力が落ちている」と解説したことを引き合いに出し、「誰とは言いませんが……」とチクリとやったばかり。舞の海氏は恐縮しきりで、さながら晒し者の体だった。それをまたも蒸し返した。

「舞の海さんが言うように30歳ですから、力が落ちたことはあると思う。男はいずれ土俵を下りるし、一番一番大事に取っている。だから、寂しいことは言わず、長い相撲でも『辛抱して勝った』とか言ってくれればやる気が出る。力が落ちたと言われるとガクッときますから」

 力が落ちていることはわかっているが、それは言うな。非難はするな、褒め続けてくれ。でないと取れる相撲も取れない――要はそういうことだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る