言いたい放題“有頂天”の白鵬 「東京五輪まで現役」の現実味

公開日: 更新日:

 このオレのどこが弱いんだ――。横綱白鵬(30)のインタビューはそう言わんばかりに自信にあふれていた。

 26日の千秋楽で鶴竜を下し、35回目の優勝。インタビューでは会場の四方に向かって手を上げるアピール。喜びの言葉もそこそこに口にしたのは角界の先輩への“口撃”だ。

「前半戦で、誰とは言いませんが『力が落ちたんじゃないか』と。優勝したので、そんな寂しいことは言わずに温かい応援をしてほしい」

 名指しを避けたとはいえ、その「誰か」が解説者の舞の海秀平氏であることは間違いない。解説でも何度か「力が落ちた」と話しており、NHKの中継カメラも恐縮する舞の海氏の姿をアップで映し出していた。

 さらに調子に乗った白鵬は「我々の大先輩が今場所限りで引退というので……」と、モンゴルの先輩力士、旭天鵬(40)の引退を暴露してしまったのだ。出処進退は本人が発表するもの。他人の引退どうこうを無断で口にするのはご法度だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  10. 9

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

  11. 10

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

もっと見る