チームTRは逆転で2個目の銅 シンクロ女子の勢い止まらず

公開日:  更新日:

 シンクロナイズドスイミングの日本代表の勢いが止まらない。

 水泳の世界選手権(ロシア・カザニ)は27日(日本時間未明)、シンクロのチーム・テクニカルルーティン(TR)決勝を行い、予選4位の日本(乾、三井、中村、箱山、吉田、中牧、丸茂、小俣)が92.4133点で銅メダルを獲得。同種目での表彰台は07年豪州・メルボルン大会で銀を獲得して以来4大会ぶり。26日のデュエットTR(乾、三井組)に続いて今大会2個目の銅となった。

 予選で4位と出遅れた日本は和風をテーマにした構成で臨み、太鼓や三味線の音に乗って切れ味のある演技を披露。予選で0.2204点差をつけられたウクライナを逆に上回った。

 デュエット、チームともTRで表彰台に上がったが、来年リオ五輪に弾みがついたと見るのは早計だ。世界選手権のシンクロはソロ、デュエット、チームとも五輪とは異なり、TR、フリールーティン(FR)と別々にメダルを争う。それだけに井村雅代ヘッドコーチは「(五輪は)まだ安心じゃない。TRとFRの両方で勝って、初めて(五輪の表彰台が)見える」と厳しい表情で話した。

 チームFR予選は28日の23時30分(日本時間)開始。

▽乾友紀子主将のコメント
「(デュエットTR3位の)うれしい思いをチームのみんなとも味わえた。(井村)先生についてきてよかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る