シンクロ女子で代表辞退者 呆れた井村コーチ「理解できない」

公開日: 更新日:

 1日、シンクロ女子日本代表「マーメイドジャパン」が世界選手権(ロシア・カザン=7~8月)に向けて都内で行っている合宿を公開。チームとデュエットに分かれ約1時間の練習を行った。昨年2月に日本代表ヘッドコーチに復帰した井村雅代氏は「去年と比べたら凄く成長している。雲泥の差。メダルは見えてきた」と07年メルボルン大会以来、4大会ぶりの表彰台への手応えを口にした。

 昨年のW杯ではチーム、デュエットとも2位に入るなど復活の兆しを見せたとはいえ、代表から脱落者が出たのも事実だ。

 12人の代表メンバーのうち宮崎夏実(21)、計盛光(20)の2人が3月に代表を辞退。日本水泳連盟の本間三和子シンクロ委員長によれば「体力面の不安」が理由だという。体力的についていけないということらしい。

 84年ロサンゼルス五輪からの6大会で指揮を執り、ソロ、デュエット、チーム合わせて8個のメダルをもたらした井村コーチの指導は厳しいことで知られる。今回も16日間の合宿で休養日はわずか1日。その休日が自主練習でつぶれるのも珍しくない。ハードな練習を敬遠したのか、追加メンバーを招集しても断られたという。

 井村コーチは「04年までは代表でリタイアした選手はいなかった。代表入りを断るのも私には理解できない」と呆れたように話した。

 日本代表の座を蹴飛ばす選手の続出は、指導が厳し過ぎるのか、それとも選手が根性なしなのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  3. 3

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  4. 4

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  5. 5

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  8. 8

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る