日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メダルを狙うシンクロ女子 井村コーチの“本気”が奇跡起こす

「メダルが見えたからには命を懸けて行かな。ケンカと同じ」

 世界水泳で4大会ぶりのメダルを狙うシンクロ女子の井村雅代ヘッドコーチ(64)はこう言って檄を飛ばす。

 シンクロはロシア、中国の実力が抜けている。日本は、チーム、デュエットともに、スペイン、ウクライナと銅メダルを争うことになる。この大会で3位になれば、審判団に「日本は世界の3番目」を印象づけることができ、来年のリオ五輪の銅メダル争いでは優位に立てる。

 井村ヘッドは指導者として、84年ロス五輪デュエットの銅から04年アテネ五輪デュエット銀まで、五輪では6大会連続して日本にメダルをもたらした。中国の代表監督としても、08年北京でチーム銅、12年ロンドンでデュエット銅、チーム銀の獲得に貢献。リオでは9大会連続のメダル取りがかかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事