初出場決めた専大松戸 持丸監督支えた木内幸男氏との“恩讐”

公開日: 更新日:

「100周年の大会で優勝旗を持ち帰ることができたのは感無量です」

 26日の千葉大会決勝で習志野を7-3で下し、春夏通じて初の甲子園出場を決めた専大松戸の持丸修一監督(67)がこう言った。

 節目の年に勝てたのはもちろん、持丸監督にとって今回の甲子園出場はまさに「感無量」だったのではないか。持丸監督は野球部監督として竜ケ崎一、藤代を甲子園に導いた茨城県の県立高校教諭だった。監督でなく教員に専念させられそうになったのが嫌だったこともあって、03年に木内幸男監督の後ガマとして常総学院へ。木内監督の推薦もあったらしい。

 野球部監督として思う存分、腕を振るえる環境を手に入れたものの、07年夏の甲子園初戦で京都外大西に敗れると、木内元監督から「真面目な優等生野球じゃ勝てるわけがない」とバッサリやられた。「監督失格」の烙印を押され、常総学院時代は甲子園で1勝もできないまま監督の座を退くことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る