西武10連敗…不振の浅村は「秋山報道」へのやっかみが原因か

公開日: 更新日:

 時として功名心は仇にもなる。

 西武は31日のソフトバンク戦にも負けて、8年ぶりの10連敗。4位に転落した。最大11あった貯金を全て吐き出し、今や借金「2」だ。

 田辺監督も「歯車がかみ合わない。野手が打てば投手が打たれるし、投手が好投したら野手が打てない」と嘆く。

 そんなチームにとって大ブレーキなのが二塁手の浅村(24)だ。同日の試合も4打数4三振。現在、打率.288、10本塁打、56打点とはいえ、7月は82打数16安打、1本塁打、9打点、打率.195。

 今季は開幕から「3番・二塁」としてフル出場していたが、30日のロッテ戦は6番に降格した。

 ある放送関係者は「そういえば……」と、こう続ける。

「14日の楽天戦で31試合連続安打の球団記録がストップするまで、西武といえば秋山の話題一色。メディアも他の選手はほとんど相手にしなかった。浅村はこれが面白くなかったようで、『オレも目立ちたいっすよ』と口にしていましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  10. 9

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  11. 10

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

もっと見る