• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

西武10連敗…不振の浅村は「秋山報道」へのやっかみが原因か

 時として功名心は仇にもなる。

 西武は31日のソフトバンク戦にも負けて、8年ぶりの10連敗。4位に転落した。最大11あった貯金を全て吐き出し、今や借金「2」だ。

 田辺監督も「歯車がかみ合わない。野手が打てば投手が打たれるし、投手が好投したら野手が打てない」と嘆く。

 そんなチームにとって大ブレーキなのが二塁手の浅村(24)だ。同日の試合も4打数4三振。現在、打率.288、10本塁打、56打点とはいえ、7月は82打数16安打、1本塁打、9打点、打率.195。

 今季は開幕から「3番・二塁」としてフル出場していたが、30日のロッテ戦は6番に降格した。

 ある放送関係者は「そういえば……」と、こう続ける。

「14日の楽天戦で31試合連続安打の球団記録がストップするまで、西武といえば秋山の話題一色。メディアも他の選手はほとんど相手にしなかった。浅村はこれが面白くなかったようで、『オレも目立ちたいっすよ』と口にしていましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る