西武10連敗…不振の浅村は「秋山報道」へのやっかみが原因か

公開日:  更新日:

 時として功名心は仇にもなる。

 西武は31日のソフトバンク戦にも負けて、8年ぶりの10連敗。4位に転落した。最大11あった貯金を全て吐き出し、今や借金「2」だ。

 田辺監督も「歯車がかみ合わない。野手が打てば投手が打たれるし、投手が好投したら野手が打てない」と嘆く。

 そんなチームにとって大ブレーキなのが二塁手の浅村(24)だ。同日の試合も4打数4三振。現在、打率.288、10本塁打、56打点とはいえ、7月は82打数16安打、1本塁打、9打点、打率.195。

 今季は開幕から「3番・二塁」としてフル出場していたが、30日のロッテ戦は6番に降格した。

 ある放送関係者は「そういえば……」と、こう続ける。

「14日の楽天戦で31試合連続安打の球団記録がストップするまで、西武といえば秋山の話題一色。メディアも他の選手はほとんど相手にしなかった。浅村はこれが面白くなかったようで、『オレも目立ちたいっすよ』と口にしていましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る