広島黒田ブルペン入り 西武森、SB柳田との球宴対決に意欲

公開日:  更新日:

 広島の黒田(40)が球宴出場へ意欲を見せた。

 現在、右肩と右足首の炎症で登録抹消中。ファン投票で選出された17日からの球宴出場を危ぶむ声もあったが、この日は離脱後初めてブルペンに入り、35球を投げた。

「しっかり体の調整をして球宴を迎え、実戦感覚をつかんでいく」

 練習後、キッパリとこう言った黒田は、取材陣から西武・森、ソフトバンク・柳田ら売り出し中のパの若手選手の名前が挙がると、「しっかりバットを振っている、いい打者という印象がある。勉強させてもらいたい」と意気込みを語った。

 最近の球宴は、お祭りを通り越してお遊びムード。選手が示し合わせてプロレスまがいの乱闘劇を演じてみたり、打席でモノマネをしてみたりと真剣勝負の空気がどんどん薄れている。

 が、初出場の森、2回目の出場となる柳田はまだ、お遊び球宴に毒されていない。メジャー帰りの黒田にももちろん、おふざけムードなどないだろう。そんな黒田と森、柳田の対決が今年の球宴の数少ない見どころになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る