日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島黒田ブルペン入り 西武森、SB柳田との球宴対決に意欲

 広島の黒田(40)が球宴出場へ意欲を見せた。

 現在、右肩と右足首の炎症で登録抹消中。ファン投票で選出された17日からの球宴出場を危ぶむ声もあったが、この日は離脱後初めてブルペンに入り、35球を投げた。

「しっかり体の調整をして球宴を迎え、実戦感覚をつかんでいく」

 練習後、キッパリとこう言った黒田は、取材陣から西武・森、ソフトバンク・柳田ら売り出し中のパの若手選手の名前が挙がると、「しっかりバットを振っている、いい打者という印象がある。勉強させてもらいたい」と意気込みを語った。

 最近の球宴は、お祭りを通り越してお遊びムード。選手が示し合わせてプロレスまがいの乱闘劇を演じてみたり、打席でモノマネをしてみたりと真剣勝負の空気がどんどん薄れている。

 が、初出場の森、2回目の出場となる柳田はまだ、お遊び球宴に毒されていない。メジャー帰りの黒田にももちろん、おふざけムードなどないだろう。そんな黒田と森、柳田の対決が今年の球宴の数少ない見どころになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事