日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神「死のロード」は今や“天国”…ヤクルトを襲う酷暑の8月

 死の8月はヤクルトの方である。

 6日に開幕する全国高校野球大会に甲子園を明け渡す阪神。2日のヤクルト戦は、昨季途中にソフトバンクからトレードで加入したサブマリン・山中浩史(29)の前に打線が沈黙。ロマン、秋吉のリレーに完封負け。ヤクルトはゲーム差なしの巨人を勝率で上回り首位に浮上。連敗の阪神は3位に転落した。

 その阪神は28日のヤクルト戦まで甲子園を離れる。例年、猛暑の夏にビジター球場を転々とする期間を、球界では「死のロード」などと呼んでいるが、それは昔の話。今年の8月はヤクルトの選手こそ地獄である。

 試合日程を見ると、阪神は11日からの中日戦(京セラドーム大阪)、18日からの巨人戦(東京ドーム)、21日からのDeNA戦(京セラドーム大阪)と3カードもドーム球場がある。しかも、京セラなら自宅から通えるので、屋外の甲子園よりむしろ環境はいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事