阪神「死のロード」は今や“天国”…ヤクルトを襲う酷暑の8月

公開日:  更新日:

 死の8月はヤクルトの方である。

 6日に開幕する全国高校野球大会に甲子園を明け渡す阪神。2日のヤクルト戦は、昨季途中にソフトバンクからトレードで加入したサブマリン・山中浩史(29)の前に打線が沈黙。ロマン、秋吉のリレーに完封負け。ヤクルトはゲーム差なしの巨人を勝率で上回り首位に浮上。連敗の阪神は3位に転落した。

 その阪神は28日のヤクルト戦まで甲子園を離れる。例年、猛暑の夏にビジター球場を転々とする期間を、球界では「死のロード」などと呼んでいるが、それは昔の話。今年の8月はヤクルトの選手こそ地獄である。

 試合日程を見ると、阪神は11日からの中日戦(京セラドーム大阪)、18日からの巨人戦(東京ドーム)、21日からのDeNA戦(京セラドーム大阪)と3カードもドーム球場がある。しかも、京セラなら自宅から通えるので、屋外の甲子園よりむしろ環境はいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る