小田孔明が6位と好発進 念願のマスターズ出場自力で狙う

公開日: 更新日:

【WGCブリヂストン招待】

 今大会パワーランキング4位につけていた松山英樹(23)。毎週のように優勝候補に挙げられながら、2014―15年シーズンは未勝利で、米ツアー2勝目が遠い。

 初日は一時、首位と2打差4位まで上昇したものの、上がり18番で痛恨のダブルボギーを叩き、1アンダー14位タイにつけた。

「ショットが思うように打てず、バーディーチャンスにつけられなかった。耐えるゴルフで、よくアンダーパーで回れたという印象。明日は修正したい」と松山は悔しがった。

 一方、昨年の国内ツアー「ブリヂストンオープン」優勝で出場権を獲得した、大会初出場の小田孔明(37)は上々の滑り出しだ。

 インスタートの初日は12、14、15番でボギーを叩き、3オーバーまで崩して苦しい展開。しかし18番でピンそば1メートルに寄せて、初バーディーを奪ってから盛り返した。アウトに入って1番2・5メートル、2番パー5では2オンに成功して、楽々2パットバーディー。さらに3番では3・8メートルを沈めて4連続バーディー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  4. 4

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  5. 5

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  8. 7

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    還元率25%マイナポイントへの遠い道のり…記者が区役所へ

  11. 10

    松尾貴史さん ナンシー関さんは自分を厳しく律していた

もっと見る