小田孔明が6位と好発進 念願のマスターズ出場自力で狙う

公開日:  更新日:

【WGCブリヂストン招待】

 今大会パワーランキング4位につけていた松山英樹(23)。毎週のように優勝候補に挙げられながら、2014―15年シーズンは未勝利で、米ツアー2勝目が遠い。

 初日は一時、首位と2打差4位まで上昇したものの、上がり18番で痛恨のダブルボギーを叩き、1アンダー14位タイにつけた。

「ショットが思うように打てず、バーディーチャンスにつけられなかった。耐えるゴルフで、よくアンダーパーで回れたという印象。明日は修正したい」と松山は悔しがった。

 一方、昨年の国内ツアー「ブリヂストンオープン」優勝で出場権を獲得した、大会初出場の小田孔明(37)は上々の滑り出しだ。

 インスタートの初日は12、14、15番でボギーを叩き、3オーバーまで崩して苦しい展開。しかし18番でピンそば1メートルに寄せて、初バーディーを奪ってから盛り返した。アウトに入って1番2・5メートル、2番パー5では2オンに成功して、楽々2パットバーディー。さらに3番では3・8メートルを沈めて4連続バーディー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る