東海大相模Wエースに熱視線? 阪神坂井オーナーが異例視察

公開日:  更新日:

 熱戦の行われる甲子園球場のネット裏にいるのは阪神の中村GM。右上の老紳士は坂井オーナー。12日、夏の甲子園7日目の第1試合、東海大相模対聖光学院戦でのひとコマだ。

 東海大相模には右腕吉田と左腕小笠原、今ドラフトの目玉になる高校生投手2人がいる。ネット裏には12球団のスカウトが顔をそろえたが、オーナー自ら視察に来たのはこの球団くらいだろう。

 阪神はここ数年、藤浪を除く生え抜きの高校生がまったくと言っていいくらい育っていない。高校時代にお膝元の甲子園で躍動しながら、プロでも気を吐いているのは他球団の選手ばかり。スカウトに見る目がないのか、それともスカウトの意見を吸い上げる上層部に問題があるのか。

 業を煮やしたオーナー自ら、選手をチェックしに来たわけじゃないだろうが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る