• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

通算400二塁打 楽天・松井稼頭央の「外野転向」は正解だった

 記録はまだまだ伸びそうだ。

 楽天の松井稼頭央外野手(39)が14日の日本ハム戦の第1打席で三塁線を破るツーベース。これでプロ野球史上12人目の通算400二塁打をマークした。1755試合目での達成は、PL学園の先輩立浪和義(1868試合=元中日)を抜き歴代最速だ。

 松井は西武時代の2003年オフにFAでメジャーのメッツへ移籍。守備の基本がまったくできておらずキャンプ前からマイナー選手のように、内野守備特別インストラクターから捕球や送球のアドバイスを受けていた。ロッキーズやアストロズでは二塁を守ったがやはり不安があった。

 11年に楽天入りすると遊撃手に復帰。昨季途中から、自ら志願して外野に転向。日本球界に戻ってきて最高打率(.291)をマークした。

 40歳目前でも、球界一といわれる身体能力と故障の少ない強靱なカラダを有する松井。外野を守っている限り、まだまだ記録を伸ばしそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る