ミス後の切り替えの悪い松山 “バウンスバック”でデイと大差

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】

 「今季最後のメジャーなので優勝を狙いたい」

 ファンに期待をもたせた松山英樹(23)だったが、最終日は74と4日間ワースト。通算3アンダー37位タイは、今季メジャー4戦で一番成績が悪かった。

 今大会は天候に恵まれて、スコアが伸びた。ところが、最終日の松山は2番から3連続ボギーと先に崩れた。5番で初バーディーを決めるも、8番でティーショットを大きく右に曲げてロストボール。このホールはダブルボギー。前半は4つもスコアを落としてターン。その後も1メートルのバーディーパットを外すなど集中力を欠き、後半は2つ盛り返すのがやっとだった。
「上にいけそうなところでいけなかったり、そういうもどかしさがあった。勝つためには、まだまだ相当レベルの差があると思います」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る