• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ショットに苦労」松山イライラ募る通算4アンダー暫定15位

【全米プロゴルフ選手権】 

 大会2日目は雷雲接近のため56選手がホールアウトできずにサスペンデッドになった。

 スタート前のドライビングレンジからショットが荒れていた松山英樹(23)は12時10分スタートの午後組。「昨日と打って変わってショットに苦労した」(松山)とイライラの募るラウンドになった。

 風が吹かず、絶好のコンディションだったがボギーが先行した。

 2番パー5は残り127ヤードの3打目がピン20メートルと絡まず、そこから3パットボギー。それでも5番パー5はグリーン奥からの3打目を1メートルに寄せて初バーディー。7番パー3は手前6メートルから沈めて2つ目のバーディー。

 しかし直後の8番パー4はドライバーを右に曲げてラフにつかまり、2打目はフェアウエーに出すだけ。3打目も6メートルと寄らずに2つ目のボギー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る