3勝はすべて広島戦 “鯉キラー”中日・八木が持つ別の異名

公開日: 更新日:

「本当に広島戦は安定感がありますね。いつもよりスピードもあった」

 広島に勝って3連勝の谷繁兼任監督がこう言って褒めたのが、3勝目(5敗)を挙げた左腕の八木だ。6回3分の2を5安打、7奪三振、1失点でゲームをつくると救援陣も踏ん張った。

 八木は今季3勝のすべてが広島戦での勝利。黒星がついた1試合もスコアは0-1。6回3分の2を投げて失点1。広島戦に限れば30イニングを投げて自責点はたったの2。防御率0.60という「鯉キラー」には、別の異名もある。

 4月4日とこの日の相手先発は黒田。2試合とも投げ勝っているので、黒田キラーでもある。

「相手は黒田さんだから、2点以上取られたらきついと思い、先に点を与えないように、低めに丁寧に投げることを意識しました」という八木。6敗目(7勝)を喫した黒田は今後、八木との対戦は避けるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る