県予選直前に大激怒 ベイ梶谷が語る開星“やくざ監督”の教え

公開日: 更新日:

「あれは良くない発言だったとは思いますけど、僕らには『この打席で打てなかったら死ぬくらいの気持ちでやれ!』とよく言われていましたからね。外で見ている人間にはわからないかもしれないけど、本当にすばらしい方です」

 DeNAの梶谷隆幸(26)がこう語るのは、「やくざ監督」と呼ばれた島根・開星の恩師・野々村直道元監督のことである。

 羽織はかまで抽選会に出席するなど話題をさらった同監督は、10年春に21世紀枠の向陽(和歌山)に敗れると、「腹を切りたい」と発言して謝罪、退任に追い込まれた。が、復帰を願う嘆願書が8000人分も集まり、翌11年から監督に復帰。12年3月に定年退職した。

 そんな恩師との3年間の思い出の一つが、初めて甲子園出場を果たした3年夏の予選直前の練習試合。開星は鳥取西とダブルヘッダーを行い、1試合目に1年生投手に完封負けを喫した。「本番のつもりでやれ」と言われていたが、負けたことで試合後、野々村監督は「この試合をどういうつもりでやれと言ったんや!」と大激怒。部員を前に説教が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る