県予選直前に大激怒 ベイ梶谷が語る開星“やくざ監督”の教え

公開日:  更新日:

「あれは良くない発言だったとは思いますけど、僕らには『この打席で打てなかったら死ぬくらいの気持ちでやれ!』とよく言われていましたからね。外で見ている人間にはわからないかもしれないけど、本当にすばらしい方です」

 DeNAの梶谷隆幸(26)がこう語るのは、「やくざ監督」と呼ばれた島根・開星の恩師・野々村直道元監督のことである。

 羽織はかまで抽選会に出席するなど話題をさらった同監督は、10年春に21世紀枠の向陽(和歌山)に敗れると、「腹を切りたい」と発言して謝罪、退任に追い込まれた。が、復帰を願う嘆願書が8000人分も集まり、翌11年から監督に復帰。12年3月に定年退職した。

 そんな恩師との3年間の思い出の一つが、初めて甲子園出場を果たした3年夏の予選直前の練習試合。開星は鳥取西とダブルヘッダーを行い、1試合目に1年生投手に完封負けを喫した。「本番のつもりでやれ」と言われていたが、負けたことで試合後、野々村監督は「この試合をどういうつもりでやれと言ったんや!」と大激怒。部員を前に説教が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る