県予選直前に大激怒 ベイ梶谷が語る開星“やくざ監督”の教え

公開日: 更新日:

「あれは良くない発言だったとは思いますけど、僕らには『この打席で打てなかったら死ぬくらいの気持ちでやれ!』とよく言われていましたからね。外で見ている人間にはわからないかもしれないけど、本当にすばらしい方です」

 DeNAの梶谷隆幸(26)がこう語るのは、「やくざ監督」と呼ばれた島根・開星の恩師・野々村直道元監督のことである。

 羽織はかまで抽選会に出席するなど話題をさらった同監督は、10年春に21世紀枠の向陽(和歌山)に敗れると、「腹を切りたい」と発言して謝罪、退任に追い込まれた。が、復帰を願う嘆願書が8000人分も集まり、翌11年から監督に復帰。12年3月に定年退職した。

 そんな恩師との3年間の思い出の一つが、初めて甲子園出場を果たした3年夏の予選直前の練習試合。開星は鳥取西とダブルヘッダーを行い、1試合目に1年生投手に完封負けを喫した。「本番のつもりでやれ」と言われていたが、負けたことで試合後、野々村監督は「この試合をどういうつもりでやれと言ったんや!」と大激怒。部員を前に説教が始まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る