栗山監督も熱視線 創価大・田中正義が「日ハム一軍半」を圧倒

公開日:  更新日:

 プロ球団の二軍が意中のアマ選手の所属チームとオープン戦を組むのはよくある話。プロで通用するのか、一軍半クラスの選手を使って実力を測るのだ。

 しかし、この選手に限っては、その力を改めてテストする必要もないだろう。日本ハムのファームが21日、創価大グラウンドに出向いて対戦した田中正義のことだ。大学3年ながら、6月29日には大学日本代表としてNPBの二軍から7者連続三振を奪った。来年のドラフトの目玉右腕だ。

 この日は栗山監督や木田GM補佐、スカウトらが視察する中、最速153キロの速球で5回を4安打1失点7奪三振。日本ハムの一軍半クラスの選手たちを圧倒した。

 日本ハムと田中は相思相愛といわれる。日本ハムがゾッコンなのはもちろん、田中自身も同級生の大谷を筆頭に西川や近藤、中島らイキのいい若手が続々とレギュラーに定着、グラウンドで躍動する姿に好印象を抱いているらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る