猛打賞の広島・丸 ようやく“ギャンブル断ち効果”で完全復調

公開日:  更新日:

 広島の丸(26)が昨16日のDeNA戦で4打数3安打の猛打賞。7-2の大勝に貢献した。

 昨年の丸は打率.310、67打点、19本塁打と打撃3部門でキャリアハイ。優勝を狙う広島のキーマンのひとりと期待された。が、この日の試合前まで打率・257、54打点、15本塁打。打点と本塁打は稼ぐものの安定感に欠けていた。

「丸は無類のギャンブル好き。うまい飯や酒を口にするヒマがあったら、雀卓を囲んでいた方がいいというタイプだった。それが、野球以外で勝ち運は使いたくないということなのか、今年はキャンプ前にギャンブル断ちを宣言。それで、勝負勘が鈍ってヒットが出ないんじゃないか、とナインが本気で心配していたんですが……」(マスコミ関係者)

 ここ10試合の成績は40打数14安打の打率.350、10打点、3本塁打。残り40試合を切って、ようやくギャンブル断ちの効果がようやく出始めたとすれば、チームにとっては心強い限りである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る