マイコ離脱の巨人 菅野を「中4日」フル回転起用の緊急事態

公開日:  更新日:

 巨人に緊急事態が発生した。マイルズ・マイコラス(27)が23日、蓄積疲労のため、登録を抹消されたのだ。

 ここまで17試合に登板し、リーグトップタイの10勝(3敗)、勝率.769も1位、防御率1.83は2位と抜群の安定感を誇っていた。前回18日の阪神戦で1失点完投。新外国人としては球団新記録となる8連勝を飾っていた。原監督が最も頼りにしていた男の緊急離脱に斎藤投手コーチは「疲れを取って戻ってきてくれるのを待つだけ」と残念そうだった。

 肩、ヒジの故障でないものの、巨人にとってはまさに痛恨。いよいよフル回転してもらおうとしていた矢先だったからだ。8月いっぱいは6連戦が続くが勝負どころの9月に入ると最初の3週は、5、5、4試合と日程が緩やかになる。さるチーム関係者がこう言う。

「原監督は以前から『中5日で回ると柱が5人。6人で回すと弱さを感じる人が出てくる』と先発5人の中5日制を提唱していた。日程が緩やかになる9月から、先発をマイコラス、菅野らの精鋭に絞り、登板間隔を中5日を基本線に回ってもらうはずでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る