首位ターンが最下位転落のベイ 中畑監督の去就はどうなる?

公開日:  更新日:

 とうとう「指定席」に収まった。

 26日、DeNAが中日に負けて5連敗。今シーズン初めて最下位に転落した。

 前半戦を勝率5割の首位で折り返しながら、後半戦に入ると10勝22敗と急失速。最大で「11」(5月16日)もあった貯金が、今や「借金12」の惨状だ。

 そこで気になるのが中畑監督の去就である。17年ぶりの首位ターンを果たした7月中旬に、すでに南場オーナーから続投要請を受けている。が、指揮官は態度を保留。報道陣にこう言っている。

「またBクラスならケジメをつけないと格好が悪い。ダメなら腹を切る覚悟でいる」

 なんとも潔いが、この指揮官には「前科」がある。

 12年の本拠地最終戦。中畑監督はチームが最下位に終わると、「来年はみなさんとCSに行きましょう。それができなければ私はクビです」と自らファンに宣言した。ところが、翌シーズンも9月末にBクラスが確定。一度は「責任を取る」といいながら、その翌日に「(監督を)やる、やらないは私が決めることではない」と一転し、球団からの慰留に応える形で続投を決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る