「小さな大魔神」宣言のベイ山崎 先輩・与田氏も驚く体調管理

公開日:  更新日:

「シーズン初めに言った通り、チーム(の最後)を締める小さな大魔神になります!」

 18日のヤクルト戦後のお立ち台。元中日の与田剛が持つ新人最多記録の31セーブに25年ぶりに並んだDeNAの山崎康晃(22)は、あどけない顔をほころばせ、目いっぱいの声で叫んでみせた。

 2人は同じ亜大出身。

「縁というか、なにかあるのかなという感じがする」と感慨深げにコメントした与田氏は、「私の1年目を思い出しても、疲れてしんどいことが何度もあった。1年目から体調をしっかり管理し、安定感のある成績を残しているのがすごい」と後輩を持ち上げた。

 先輩が言うように、安定感では山崎康に軍配が上がる。与田氏の1年目は50試合に登板して4勝5敗31セーブで防御率は3.26だった。対して山崎康はこの日が47試合目の登板で2勝2敗31セーブ、防御率は1.60。四死球の数も与田氏の33に対して10である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る