17失点で大敗…中畑監督の続投意欲削ぐDeNA選手の体たらく

公開日:  更新日:

「最後はネジが切れた。ファンにすまない姿を見せてしまった」

 DeNAの中畑監督は惨敗にこう言って頭を下げた。

 21日のヤクルト戦は先発の三浦が5回6失点でKOされると、九回の1イニングだけで11安打11失点。投手5人が計22安打17失点と大炎上すると、守備では初回に遊撃の白崎が畠山のゴロを野選するなど、まるで草野球並みだった。前日は後半戦の開幕投手だった久保が二回までに7失点とボロボロで、2試合で計25失点。前半戦首位のチームとは思えない体たらくだ。

 そのDeNAは球宴期間中、中畑監督に来季続投を要請した。後半戦開始前の早期決定に池田球団社長は「異例とは思っていない。チーム力が増している。順位に関係なくお願いしたいと思っている」と話した。

 ただ、今後の結果次第で続投がなくなる可能性もゼロではない。中畑監督は受諾に前向きな一方、成績次第で「責任を取る」と言っているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る