日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

17失点で大敗…中畑監督の続投意欲削ぐDeNA選手の体たらく

「最後はネジが切れた。ファンにすまない姿を見せてしまった」

 DeNAの中畑監督は惨敗にこう言って頭を下げた。

 21日のヤクルト戦は先発の三浦が5回6失点でKOされると、九回の1イニングだけで11安打11失点。投手5人が計22安打17失点と大炎上すると、守備では初回に遊撃の白崎が畠山のゴロを野選するなど、まるで草野球並みだった。前日は後半戦の開幕投手だった久保が二回までに7失点とボロボロで、2試合で計25失点。前半戦首位のチームとは思えない体たらくだ。

 そのDeNAは球宴期間中、中畑監督に来季続投を要請した。後半戦開始前の早期決定に池田球団社長は「異例とは思っていない。チーム力が増している。順位に関係なくお願いしたいと思っている」と話した。

 ただ、今後の結果次第で続投がなくなる可能性もゼロではない。中畑監督は受諾に前向きな一方、成績次第で「責任を取る」と言っているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事