メジャー盗塁王が100m走…王者ボルトにどれだけ近づける?

公開日: 更新日:

 また1986年に米国のテレビ番組が各スポーツの韋駄天選手を集めて100ヤード走をやったとき、大リーグを代表して出場した盗塁王ビンス・コールマンは、元米国五輪代表メンバーのウィリー・ゴールト(当時はNFLのベアーズに所属)に敗れたものの3メートル差の2位だった。ゴールトは100メートルに換算すれば10秒5前後で走っているので、コールマンは10秒8くらいで走っていたと思われる。

■本格的にトレーニングした場合

 陸上短距離と野球では基本的な走法が違う。野球では腿を上げず、腰高にならないようにして走るのが基本だが、陸上短距離は腿を上げてストライドを広く取りながらゆっくり加速していく。盗塁王を争うレベルの選手がこのスプリント走法を身につければ後半の加速が違ってくるので、10秒3か4を出すことは可能だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る