セグウェイと接触 ボルト負傷に囁かれる「陰謀説」の怪情報

公開日:  更新日:

 男子短距離王者の脚が狙われたともっぱらだ。世界陸上の男子100メートル、200メートルの2冠を達成したウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)のこと。

 今季最高の19秒55でライバルのジャスティン・ガトリン(33=米国)との対決を制した27日の200メートル決勝後に事件は起きた。

 中国国営放送局のカメラマンが乗ったセグウェイと接触して転倒。左ふくはらぎ付近に裂傷を負った。ボルトは会見で「(2種目とも銀に終わった)ガトリンによる報復説を広めようと思っている」と軽口を叩いた。翌日には問題のカメラマンから謝罪を受けて笑顔で握手をかわしたが、あながち冗談ではなさそうだ。

 実は会場である北京の「鳥の巣」では多くの陸上関係者の間で「米国による陰謀ではないか」とささやかれているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る