• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セグウェイと接触 ボルト負傷に囁かれる「陰謀説」の怪情報

 男子短距離王者の脚が狙われたともっぱらだ。世界陸上の男子100メートル、200メートルの2冠を達成したウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)のこと。

 今季最高の19秒55でライバルのジャスティン・ガトリン(33=米国)との対決を制した27日の200メートル決勝後に事件は起きた。

 中国国営放送局のカメラマンが乗ったセグウェイと接触して転倒。左ふくはらぎ付近に裂傷を負った。ボルトは会見で「(2種目とも銀に終わった)ガトリンによる報復説を広めようと思っている」と軽口を叩いた。翌日には問題のカメラマンから謝罪を受けて笑顔で握手をかわしたが、あながち冗談ではなさそうだ。

 実は会場である北京の「鳥の巣」では多くの陸上関係者の間で「米国による陰謀ではないか」とささやかれているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る