セグウェイと接触 ボルト負傷に囁かれる「陰謀説」の怪情報

公開日:  更新日:

 男子短距離王者の脚が狙われたともっぱらだ。世界陸上の男子100メートル、200メートルの2冠を達成したウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)のこと。

 今季最高の19秒55でライバルのジャスティン・ガトリン(33=米国)との対決を制した27日の200メートル決勝後に事件は起きた。

 中国国営放送局のカメラマンが乗ったセグウェイと接触して転倒。左ふくはらぎ付近に裂傷を負った。ボルトは会見で「(2種目とも銀に終わった)ガトリンによる報復説を広めようと思っている」と軽口を叩いた。翌日には問題のカメラマンから謝罪を受けて笑顔で握手をかわしたが、あながち冗談ではなさそうだ。

 実は会場である北京の「鳥の巣」では多くの陸上関係者の間で「米国による陰謀ではないか」とささやかれているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る