セグウェイと接触 ボルト負傷に囁かれる「陰謀説」の怪情報

公開日: 更新日:

 男子短距離王者の脚が狙われたともっぱらだ。世界陸上の男子100メートル、200メートルの2冠を達成したウサイン・ボルト(29=ジャマイカ)のこと。

 今季最高の19秒55でライバルのジャスティン・ガトリン(33=米国)との対決を制した27日の200メートル決勝後に事件は起きた。

 中国国営放送局のカメラマンが乗ったセグウェイと接触して転倒。左ふくはらぎ付近に裂傷を負った。ボルトは会見で「(2種目とも銀に終わった)ガトリンによる報復説を広めようと思っている」と軽口を叩いた。翌日には問題のカメラマンから謝罪を受けて笑顔で握手をかわしたが、あながち冗談ではなさそうだ。

 実は会場である北京の「鳥の巣」では多くの陸上関係者の間で「米国による陰謀ではないか」とささやかれているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  6. 6

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  7. 7

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  8. 8

    Cocomi&Koki,自宅からインスタライブで“匂わせ家族”加速

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る