• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女子100m優勝フレーザープライスは「走るビジネスウーマン」

 短距離の女王が圧倒的な強さを見せつけた。

 24日の陸上の世界選手権(中国・北京)は女子100メートル決勝を行い、五輪連覇中のフレーザープライス(28=ジャマイカ)が10秒76で優勝。準決勝で8人が10秒台を記録したハイレベルなレースを制し、大会連覇を成し遂げた。

「タイトルを守れたのは誇らしい」とはレース後の本人。

 女子短距離界を牽引する存在だけに今や高給取りの一人だ。同じジャマイカのボルトら男子選手には及ばないものの、複数の企業とスポンサー契約を交わしている。地元メディアなどの報道によれば、昨年はレースの賞金以外に日本円にして1億円近い収入があったという。

 ジャマイカではレストランや美容室を展開するなど、ビジネスも手掛ける実業家の顔を持つ。陸上界では「走るビジネスウーマン」の異名も。

 152センチと小柄ながら力強い走りと緑色に染めたドレッドヘアがトレードマーク。小さな女王はリオ五輪で3連覇を成し遂げ、スポンサー企業からのボーナスを手にすることはできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る