女子100m優勝フレーザープライスは「走るビジネスウーマン」

公開日:  更新日:

 短距離の女王が圧倒的な強さを見せつけた。

 24日の陸上の世界選手権(中国・北京)は女子100メートル決勝を行い、五輪連覇中のフレーザープライス(28=ジャマイカ)が10秒76で優勝。準決勝で8人が10秒台を記録したハイレベルなレースを制し、大会連覇を成し遂げた。

「タイトルを守れたのは誇らしい」とはレース後の本人。

 女子短距離界を牽引する存在だけに今や高給取りの一人だ。同じジャマイカのボルトら男子選手には及ばないものの、複数の企業とスポンサー契約を交わしている。地元メディアなどの報道によれば、昨年はレースの賞金以外に日本円にして1億円近い収入があったという。

 ジャマイカではレストランや美容室を展開するなど、ビジネスも手掛ける実業家の顔を持つ。陸上界では「走るビジネスウーマン」の異名も。

 152センチと小柄ながら力強い走りと緑色に染めたドレッドヘアがトレードマーク。小さな女王はリオ五輪で3連覇を成し遂げ、スポンサー企業からのボーナスを手にすることはできるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る