「世界陸上」はサニブラウン様々 視聴率で見るTVスポーツ対決

公開日: 更新日:

 台風の影響で猛暑は少し和らいだというのに、テレビでは相変わらず“暑苦しい夏”が続いている。TBSが「世界陸上」、フジテレビも夕方から「W杯女子バレー」、そして深夜には「世界柔道」を放送して、さながら「スポーツ対決」の様相を呈しているからだ。

「中でも注目は『世界陸上』でメーンキャスターを務めている織田裕二(47)です。モノマネのネタにされた影響からか、さすがに得意の“キターーーーッ”は聞かれませんが、相変わらず“ウワァ、ウワァ”とか“ハイハイハイ”という感嘆詞のオンパレード。注目選手の多過ぎた女子100メートルでは紹介に困り、“解説にお願いしようかな”と言い出す始末で、“だったら、あんたは何のために居るの?”と突っ込みどころ満載です。スポーツ実況として見ると腹立たしいが、ビール片手にテレビに向かってブツブツやるには打ってつけの番組です」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る