メジャー盗塁王が100m走…王者ボルトにどれだけ近づける?

公開日: 更新日:

コラム【読むメジャーリーグ】

 北京で開催された世界陸上でジャマイカのボルトが100、200、400メートルリレーで金メダルを獲得。2大会連続で三冠の偉業を成し遂げた。このボルトにライバル心を抱いているのがメジャーリーグ、シンシナティ・レッズのトップバッター、ビリー・ハミルトン(24)だ。

 ハミルトンは現在メジャー最多の54盗塁をマークしている韋駄天だが、昨年ニューヨーク・タイムズの取材を受けた際、記者に「世界の一流短距離走者に負けない自信はありますか?」と問われ「俺は負けず嫌いだ。ボルトにだって負けないよ」と答えている。実際のところ、大リーグで盗塁王を争うレベルの選手は、陸上競技をやった場合どれくらいのタイムで走れる脚力を備えているのだろう?

■遊びでやった場合

 盗塁王クラスの選手なら1、2カ月限定でトライしても、10秒台後半のタイムを出すことは十分可能だろう。スターティングブロックと短距離用のスパイクがあればタイムが0.5~0.7秒良くなるからだ。エンゼルスのビクトリーノ(34=7月までレッドソックス)は高校時代、野球シーズン中にハワイ州の陸上競技選手権に出場。短期間練習しただけなのに、100、200、400メートルの3種目で1位。100メートルの10秒8という記録は15年間破られなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る