メジャー盗塁王が100m走…王者ボルトにどれだけ近づける?

公開日:  更新日:

コラム【読むメジャーリーグ】

 北京で開催された世界陸上でジャマイカのボルトが100、200、400メートルリレーで金メダルを獲得。2大会連続で三冠の偉業を成し遂げた。このボルトにライバル心を抱いているのがメジャーリーグ、シンシナティ・レッズのトップバッター、ビリー・ハミルトン(24)だ。

 ハミルトンは現在メジャー最多の54盗塁をマークしている韋駄天だが、昨年ニューヨーク・タイムズの取材を受けた際、記者に「世界の一流短距離走者に負けない自信はありますか?」と問われ「俺は負けず嫌いだ。ボルトにだって負けないよ」と答えている。実際のところ、大リーグで盗塁王を争うレベルの選手は、陸上競技をやった場合どれくらいのタイムで走れる脚力を備えているのだろう?

■遊びでやった場合

 盗塁王クラスの選手なら1、2カ月限定でトライしても、10秒台後半のタイムを出すことは十分可能だろう。スターティングブロックと短距離用のスパイクがあればタイムが0.5~0.7秒良くなるからだ。エンゼルスのビクトリーノ(34=7月までレッドソックス)は高校時代、野球シーズン中にハワイ州の陸上競技選手権に出場。短期間練習しただけなのに、100、200、400メートルの3種目で1位。100メートルの10秒8という記録は15年間破られなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る