故郷で引退の“幹部候補”斎藤隆は楽天の指導者になるのか

公開日:  更新日:

「(ユニホームを脱ぐ理由は)いくつか要因がある。チームがこういう状況で一軍の力になれない現状、いたらないと判断されているパフォーマンス。いろいろな意味で引き際ではないかと感じた」

 17日、楽天の斎藤隆(45)がこう言って今季限りの引退を発表した。

 宮城県仙台市出身。91年に東北福祉大からドラフト1位で大洋(現DeNA)に入団し、日米を股にかけたプロ24年間の通算成績は112勝96敗、139セーブ。その実績もさることながら、豊富な経験値が人望を生んだ。

 横浜を自由契約になった05年オフにメジャー希望を表明。「36歳の無謀な挑戦」と揶揄されたが、ドジャースのマイナー契約から這い上がった。オープン戦で結果を残して06年4月にメジャー昇格を果たすと、同年シーズン中盤にはクローザーに。最終的に24セーブを挙げた。結局、5球団を渡り歩きながら7年間アメリカでプレー。日本球界に復帰した13年には楽天初の優勝にも貢献し、球団関係者から「将来の幹部候補」と言われるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る