故郷で引退の“幹部候補”斎藤隆は楽天の指導者になるのか

公開日: 更新日:

「(ユニホームを脱ぐ理由は)いくつか要因がある。チームがこういう状況で一軍の力になれない現状、いたらないと判断されているパフォーマンス。いろいろな意味で引き際ではないかと感じた」

 17日、楽天の斎藤隆(45)がこう言って今季限りの引退を発表した。

 宮城県仙台市出身。91年に東北福祉大からドラフト1位で大洋(現DeNA)に入団し、日米を股にかけたプロ24年間の通算成績は112勝96敗、139セーブ。その実績もさることながら、豊富な経験値が人望を生んだ。

 横浜を自由契約になった05年オフにメジャー希望を表明。「36歳の無謀な挑戦」と揶揄されたが、ドジャースのマイナー契約から這い上がった。オープン戦で結果を残して06年4月にメジャー昇格を果たすと、同年シーズン中盤にはクローザーに。最終的に24セーブを挙げた。結局、5球団を渡り歩きながら7年間アメリカでプレー。日本球界に復帰した13年には楽天初の優勝にも貢献し、球団関係者から「将来の幹部候補」と言われるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る