• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファンを置き去りのメディア なぜ松山英樹を“腫れ物”扱い?

 2週間前のWGCブリヂストン招待初日のことだ。

 大会前、パワーランキング4位(優勝予想番付)と期待が大きかった松山英樹(23)は、14番を終えた時点で首位と2打差の4位につけるなど、順調な滑り出しを見せた。しかし、上がり18番でティーショットを右に曲げ、痛恨のダブルボギー。1アンダー14位タイまで順位を下げてしまった。

 当然、視聴者が知りたかったのは、なぜダブルボギーを叩いたか、である。ミスの原因は何だったのか、本人しかわからない。

 ところがNHKBSの解説を務めた佐渡充高氏は、松山の機嫌を損ねたらマズイとでも思ったのか、「内容は良く見えましたが……」と、肝心の質問をぶつけずにヨイショするだけ。田中秀道プロも「いいショットもいいパッティングも多かった。ゲーム勘は出てきましたか」とトンチンカン。最後まで視聴者が一番知りたかったダブルボギーのことには一切触れず、「凄く楽しみです。期待して見ています。明日以降も頑張ってください」と、実のある話をひとつも聞けずに締めくくってしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る