ファンを置き去りのメディア なぜ松山英樹を“腫れ物”扱い?

公開日:  更新日:

 2週間前のWGCブリヂストン招待初日のことだ。

 大会前、パワーランキング4位(優勝予想番付)と期待が大きかった松山英樹(23)は、14番を終えた時点で首位と2打差の4位につけるなど、順調な滑り出しを見せた。しかし、上がり18番でティーショットを右に曲げ、痛恨のダブルボギー。1アンダー14位タイまで順位を下げてしまった。

 当然、視聴者が知りたかったのは、なぜダブルボギーを叩いたか、である。ミスの原因は何だったのか、本人しかわからない。

 ところがNHKBSの解説を務めた佐渡充高氏は、松山の機嫌を損ねたらマズイとでも思ったのか、「内容は良く見えましたが……」と、肝心の質問をぶつけずにヨイショするだけ。田中秀道プロも「いいショットもいいパッティングも多かった。ゲーム勘は出てきましたか」とトンチンカン。最後まで視聴者が一番知りたかったダブルボギーのことには一切触れず、「凄く楽しみです。期待して見ています。明日以降も頑張ってください」と、実のある話をひとつも聞けずに締めくくってしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る