ファンを置き去りのメディア なぜ松山英樹を“腫れ物”扱い?

公開日: 更新日:

 2週間前のWGCブリヂストン招待初日のことだ。

 大会前、パワーランキング4位(優勝予想番付)と期待が大きかった松山英樹(23)は、14番を終えた時点で首位と2打差の4位につけるなど、順調な滑り出しを見せた。しかし、上がり18番でティーショットを右に曲げ、痛恨のダブルボギー。1アンダー14位タイまで順位を下げてしまった。

 当然、視聴者が知りたかったのは、なぜダブルボギーを叩いたか、である。ミスの原因は何だったのか、本人しかわからない。

 ところがNHKBSの解説を務めた佐渡充高氏は、松山の機嫌を損ねたらマズイとでも思ったのか、「内容は良く見えましたが……」と、肝心の質問をぶつけずにヨイショするだけ。田中秀道プロも「いいショットもいいパッティングも多かった。ゲーム勘は出てきましたか」とトンチンカン。最後まで視聴者が一番知りたかったダブルボギーのことには一切触れず、「凄く楽しみです。期待して見ています。明日以降も頑張ってください」と、実のある話をひとつも聞けずに締めくくってしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る