ファンを置き去りのメディア なぜ松山英樹を“腫れ物”扱い?

公開日: 更新日:

 2週間前のWGCブリヂストン招待初日のことだ。

 大会前、パワーランキング4位(優勝予想番付)と期待が大きかった松山英樹(23)は、14番を終えた時点で首位と2打差の4位につけるなど、順調な滑り出しを見せた。しかし、上がり18番でティーショットを右に曲げ、痛恨のダブルボギー。1アンダー14位タイまで順位を下げてしまった。

 当然、視聴者が知りたかったのは、なぜダブルボギーを叩いたか、である。ミスの原因は何だったのか、本人しかわからない。

 ところがNHKBSの解説を務めた佐渡充高氏は、松山の機嫌を損ねたらマズイとでも思ったのか、「内容は良く見えましたが……」と、肝心の質問をぶつけずにヨイショするだけ。田中秀道プロも「いいショットもいいパッティングも多かった。ゲーム勘は出てきましたか」とトンチンカン。最後まで視聴者が一番知りたかったダブルボギーのことには一切触れず、「凄く楽しみです。期待して見ています。明日以降も頑張ってください」と、実のある話をひとつも聞けずに締めくくってしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る