阪神岩崎“七回病”再発…OBは「体力より気持ちの問題」と指摘

公開日:  更新日:

 中日と阪神の明暗を分けたのは、両チーム無得点で迎えた七回の攻防だった。

 阪神は今成の安打と伊藤の犠打で1死二塁とし藤井は遊ゴロ。好投している9番岩崎がそのまま打席に向かうも三振に倒れた。

 チャンスをつぶした阪神はその裏、岩崎が死球、二塁打、四球で1死満塁のピンチで降板。代わった安藤は2本の適時打を許し、八回には福原が平田に3ランを浴びて完敗した。打線の援護がなかったとはいえ、先発の5番手で起用されている岩崎の「七回病」が痛かった。

 岩崎はプロ入り当初からスタミナ不足が懸念され、ルーキーだった昨年(5勝4敗)は17試合に先発し90イニングしか投げていない。一軍での最長投球は、今季2敗目を喫した4月9日DeNA戦の7回3分の1。プロ初完投は7月12日の二軍戦だ。

「岩崎は国士舘大の時も、『完投は2回ぐらいしかやっていない』と言ってたが、最初から長いイニングを投げる意識がなく、ハナから終盤は救援陣に任す気でいる。中盤や七回に突然崩れるのは、体力面より気持ちの問題」と指摘する阪神OBもいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る