• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神岩崎“七回病”再発…OBは「体力より気持ちの問題」と指摘

 中日と阪神の明暗を分けたのは、両チーム無得点で迎えた七回の攻防だった。

 阪神は今成の安打と伊藤の犠打で1死二塁とし藤井は遊ゴロ。好投している9番岩崎がそのまま打席に向かうも三振に倒れた。

 チャンスをつぶした阪神はその裏、岩崎が死球、二塁打、四球で1死満塁のピンチで降板。代わった安藤は2本の適時打を許し、八回には福原が平田に3ランを浴びて完敗した。打線の援護がなかったとはいえ、先発の5番手で起用されている岩崎の「七回病」が痛かった。

 岩崎はプロ入り当初からスタミナ不足が懸念され、ルーキーだった昨年(5勝4敗)は17試合に先発し90イニングしか投げていない。一軍での最長投球は、今季2敗目を喫した4月9日DeNA戦の7回3分の1。プロ初完投は7月12日の二軍戦だ。

「岩崎は国士舘大の時も、『完投は2回ぐらいしかやっていない』と言ってたが、最初から長いイニングを投げる意識がなく、ハナから終盤は救援陣に任す気でいる。中盤や七回に突然崩れるのは、体力面より気持ちの問題」と指摘する阪神OBもいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る