協会賭けた! 吉田沙保里と伊調馨はアラフォーで東京五輪へ

公開日: 更新日:

 女子レスリングの王者2人の地位はしばらく揺らぎそうにない。

 レスリングの世界選手権(ウズベキスタン・タシケント)3日目は11日、女子フリースタイルで12連覇を狙う53キロ級の吉田沙保里(31)が決勝でスウェーデンのマットソンを下して12連覇を達成。58キロ級の伊調馨(30)は9度目の優勝を果たした。

 ともに新階級となって初の国際大会。16年リオ五輪に向けて幸先のいいスタートを切ったが、吉田も伊調もリオどころか20年の東京五輪にも余裕で出場する可能性がある。

 レスリングは来年度以降、ジュニア層を育成する「エリートアカデミー」を廃止するからだ。ジュニア世代の選手層が薄い上に、これから強化しても東京五輪までに有力な選手の育成は難しいと判断したのだという。

 日本レスリング協会ではシニア世代の底上げを図る方針だが、吉田や伊調をしのぐ選手が現れるかは未知数だ。6年後、吉田は37歳、伊調は36歳。年齢的には厳しいとの声もあるとはいえ、これまで培ってきた技術があれば、少なくとも国内予選を勝ち抜くことは難しくはない。

 女子レスリングの新陳代謝は進みそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る