協会賭けた! 吉田沙保里と伊調馨はアラフォーで東京五輪へ

公開日:  更新日:

 女子レスリングの王者2人の地位はしばらく揺らぎそうにない。

 レスリングの世界選手権(ウズベキスタン・タシケント)3日目は11日、女子フリースタイルで12連覇を狙う53キロ級の吉田沙保里(31)が決勝でスウェーデンのマットソンを下して12連覇を達成。58キロ級の伊調馨(30)は9度目の優勝を果たした。

 ともに新階級となって初の国際大会。16年リオ五輪に向けて幸先のいいスタートを切ったが、吉田も伊調もリオどころか20年の東京五輪にも余裕で出場する可能性がある。

 レスリングは来年度以降、ジュニア層を育成する「エリートアカデミー」を廃止するからだ。ジュニア世代の選手層が薄い上に、これから強化しても東京五輪までに有力な選手の育成は難しいと判断したのだという。

 日本レスリング協会ではシニア世代の底上げを図る方針だが、吉田や伊調をしのぐ選手が現れるかは未知数だ。6年後、吉田は37歳、伊調は36歳。年齢的には厳しいとの声もあるとはいえ、これまで培ってきた技術があれば、少なくとも国内予選を勝ち抜くことは難しくはない。

 女子レスリングの新陳代謝は進みそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る