• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

協会賭けた! 吉田沙保里と伊調馨はアラフォーで東京五輪へ

 女子レスリングの王者2人の地位はしばらく揺らぎそうにない。

 レスリングの世界選手権(ウズベキスタン・タシケント)3日目は11日、女子フリースタイルで12連覇を狙う53キロ級の吉田沙保里(31)が決勝でスウェーデンのマットソンを下して12連覇を達成。58キロ級の伊調馨(30)は9度目の優勝を果たした。

 ともに新階級となって初の国際大会。16年リオ五輪に向けて幸先のいいスタートを切ったが、吉田も伊調もリオどころか20年の東京五輪にも余裕で出場する可能性がある。

 レスリングは来年度以降、ジュニア層を育成する「エリートアカデミー」を廃止するからだ。ジュニア世代の選手層が薄い上に、これから強化しても東京五輪までに有力な選手の育成は難しいと判断したのだという。

 日本レスリング協会ではシニア世代の底上げを図る方針だが、吉田や伊調をしのぐ選手が現れるかは未知数だ。6年後、吉田は37歳、伊調は36歳。年齢的には厳しいとの声もあるとはいえ、これまで培ってきた技術があれば、少なくとも国内予選を勝ち抜くことは難しくはない。

 女子レスリングの新陳代謝は進みそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る