ヤンキース田中が7回無失点で12勝目 自力V消滅危機救った

公開日: 更新日:

 エース右腕が好調なライバル打線に立ちはだかった。

 ヤンキースの田中将大(26)が13日(日本時間14日)のブルージェイズ戦に登板。7回を4安打無失点、無四球で12勝目(6敗)を挙げた。

 4連敗阻止を託されて上がった今季4度目の中4日マウンド。懸念された右肘の影響などまるで感じさせなかった。序盤こそ甘く入った直球、変化球を捉えられて長打を浴びたが持ち前の好フィールディングを発揮。二回1死から6番ピラーに左中間への二塁打を許し、先制のピンチを招いたが、相手のリードが大きいと見ると、すかさず二塁に牽制。一度は「セーフ」のジャッジも、チャレンジの結果、判定は覆ってピンチを脱した。

 これで自身の投球リズムを取り戻したのだろう。四回以降は3イニング連続で3者凡退に仕留めた。リーグトップのチーム本塁打(202)、同総得点(790)を誇る強打のブルージェイズを料理した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    “瀬戸大也にモラル”は八百屋に魚 味の素CM削除は自業自得

もっと見る