過去の大横綱にも例が…白鵬の「初休場」は成績下降の前兆

公開日:  更新日:

 横綱白鵬(30)の初休場でガ然、優勝争いが面白くなってきた大相撲9月場所。国技館では「白鵬がいない今場所だけ。来場所からは、また元通り」という声がそこかしこで聞こえるが、本当にそうだろうか。

 白鵬が横綱昇進後に休場したのはこれが初めて。全治4週間といっても左ヒザの炎症なのだから、重傷ではない。気がかりなのは07年7月場所で昇進以来、丸8年間休場しなかった横綱が、「たかが炎症」で休んだことだ。

「場所前から痛みを抱えていたというから、休場の直接の引き金になったのはケガよりも2連敗の方じゃないか。いくら白鵬でも、初日から2連敗では優勝は無理。『足も痛いし、それならいっそ……』と思ったのだろう。こうなると、今後もたびたび休場しかねない。一度、楽をしてしまうと、次に同じようなことがあった時にこらえ性がなくなるのが人間というもの。少なくともケガは多くなることはあれ、減ることはないからね」(角界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る