• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去の大横綱にも例が…白鵬の「初休場」は成績下降の前兆

 横綱白鵬(30)の初休場でガ然、優勝争いが面白くなってきた大相撲9月場所。国技館では「白鵬がいない今場所だけ。来場所からは、また元通り」という声がそこかしこで聞こえるが、本当にそうだろうか。

 白鵬が横綱昇進後に休場したのはこれが初めて。全治4週間といっても左ヒザの炎症なのだから、重傷ではない。気がかりなのは07年7月場所で昇進以来、丸8年間休場しなかった横綱が、「たかが炎症」で休んだことだ。

「場所前から痛みを抱えていたというから、休場の直接の引き金になったのはケガよりも2連敗の方じゃないか。いくら白鵬でも、初日から2連敗では優勝は無理。『足も痛いし、それならいっそ……』と思ったのだろう。こうなると、今後もたびたび休場しかねない。一度、楽をしてしまうと、次に同じようなことがあった時にこらえ性がなくなるのが人間というもの。少なくともケガは多くなることはあれ、減ることはないからね」(角界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る