過去の大横綱にも例が…白鵬の「初休場」は成績下降の前兆

公開日:  更新日:

 横綱白鵬(30)の初休場でガ然、優勝争いが面白くなってきた大相撲9月場所。国技館では「白鵬がいない今場所だけ。来場所からは、また元通り」という声がそこかしこで聞こえるが、本当にそうだろうか。

 白鵬が横綱昇進後に休場したのはこれが初めて。全治4週間といっても左ヒザの炎症なのだから、重傷ではない。気がかりなのは07年7月場所で昇進以来、丸8年間休場しなかった横綱が、「たかが炎症」で休んだことだ。

「場所前から痛みを抱えていたというから、休場の直接の引き金になったのはケガよりも2連敗の方じゃないか。いくら白鵬でも、初日から2連敗では優勝は無理。『足も痛いし、それならいっそ……』と思ったのだろう。こうなると、今後もたびたび休場しかねない。一度、楽をしてしまうと、次に同じようなことがあった時にこらえ性がなくなるのが人間というもの。少なくともケガは多くなることはあれ、減ることはないからね」(角界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る