• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

報道陣に愛嬌振りまき始め…横綱・白鵬が“豹変”の裏事情

投稿日:  更新日:

 報道陣に背中を向けていたのがウソのようだ。

 12日開幕の7月場所で2場所ぶりの優勝を目指す横綱白鵬(30)は6日、田子ノ浦部屋に出稽古に赴き、大関稀勢の里と15番。あえて大関が得意な左四つで挑むなど8勝7敗とし、「いい稽古ができた。これから仕上げていく」と満足げに話した。

 名古屋入りしてからというもの、いつになく冗舌な白鵬。6月30日の力士会では先場所初優勝を果たし大関に昇進した照ノ富士について、「10勝以上はしてほしいね」と余裕しゃくしゃくのエールを送れば、名古屋での稽古初日の1日には降りしきる大雨に、「この雨を(乾燥帯のモンゴルに)持ち帰りたい」と軽口を叩いてみせた。さらに決勝で負けたなでしこジャパンについては、「あの重圧の中、よく決勝まで勝ち上がったと思う。(連覇への重圧は)その舞台に上がった人しか分からないから」と、自画自賛する始末だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る