• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

報道陣に愛嬌振りまき始め…横綱・白鵬が“豹変”の裏事情

 報道陣に背中を向けていたのがウソのようだ。

 12日開幕の7月場所で2場所ぶりの優勝を目指す横綱白鵬(30)は6日、田子ノ浦部屋に出稽古に赴き、大関稀勢の里と15番。あえて大関が得意な左四つで挑むなど8勝7敗とし、「いい稽古ができた。これから仕上げていく」と満足げに話した。

 名古屋入りしてからというもの、いつになく冗舌な白鵬。6月30日の力士会では先場所初優勝を果たし大関に昇進した照ノ富士について、「10勝以上はしてほしいね」と余裕しゃくしゃくのエールを送れば、名古屋での稽古初日の1日には降りしきる大雨に、「この雨を(乾燥帯のモンゴルに)持ち帰りたい」と軽口を叩いてみせた。さらに決勝で負けたなでしこジャパンについては、「あの重圧の中、よく決勝まで勝ち上がったと思う。(連覇への重圧は)その舞台に上がった人しか分からないから」と、自画自賛する始末だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る