心技体の衰え指摘も 休場の白鵬がまだ引退できない複雑事情

公開日:  更新日:

「左膝に炎症があって力が入らない状態ですから休場することになりました」――。

 横綱白鵬(30)が15日、大相撲秋場所3日目からの休場を自ら発表した。

 この日早朝、東京・墨田区内の病院で精密検査を受け、日本相撲協会に「左大腿四頭筋腱炎で4週間の加療を要する見込み」との診断書を提出した。

 白鵬の休場は大関時代の06年九州場所以来、通算3度目。07年の横綱昇進後は初めてのことだ。今場所で横綱在位49場所となり歴代4位の貴乃花と並んだが、史上最多の横綱連続出場は722回で途切れた。

 今場所中に復帰しなければ、歴代1位の幕内連続勝ち越しと連続2ケタ勝利は、いずれも51場所で止まる。

 場所前の稽古で左膝を痛めた白鵬は14日、西前頭筆頭嘉風(33)の引き落としに崩され、小結だった05年九州場所以来となる初日からの2連敗。精彩を欠いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る