横審稽古総見で相撲取らず…横綱白鵬の“打算と誤算”

公開日:  更新日:

 4日に行われた大相撲の稽古総見。13日に初日を迎える9月場所に備えて多くの力士たちが汗と土にまみれる中、一人カヤの外だったのが横綱白鵬(30)だ。

 同じ横綱の鶴竜、日馬富士は幕内力士相手にいずれも十数番。稀勢の里、琴奨菊、豪栄道、照ノ富士の4大関も、申し合いで激しくぶつかり合ったものの、白鵬だけはすり足など軽めの調整しかせず、最後まで相撲を取らないまま国技館を引き揚げた。

 白鵬はもともとスロースターター。本場所序盤に取りこぼすことも珍しくなく、稽古総見の時期はなおさら体が動かない。だからこそ、ぶつかり稽古には「話題性があり、かつ自分が楽に勝てる相手」を選んでいた。旬の力士を圧倒的な力で叩きのめせば、マスコミが食いつくことがわかっているからだ。

 ところが、現在は遠藤や逸ノ城の人気も落ち着き、旬と呼べる力士は皆無。かといって、周囲が普段以上に白熱する中、自分だけ何もしないのもバツが悪い。そこで横綱候補でもある照ノ富士を指名しようとしたのだが……。ある相撲関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る