横審稽古総見で相撲取らず…横綱白鵬の“打算と誤算”

公開日: 更新日:

 4日に行われた大相撲の稽古総見。13日に初日を迎える9月場所に備えて多くの力士たちが汗と土にまみれる中、一人カヤの外だったのが横綱白鵬(30)だ。

 同じ横綱の鶴竜日馬富士は幕内力士相手にいずれも十数番。稀勢の里琴奨菊豪栄道照ノ富士の4大関も、申し合いで激しくぶつかり合ったものの、白鵬だけはすり足など軽めの調整しかせず、最後まで相撲を取らないまま国技館を引き揚げた。

 白鵬はもともとスロースターター。本場所序盤に取りこぼすことも珍しくなく、稽古総見の時期はなおさら体が動かない。だからこそ、ぶつかり稽古には「話題性があり、かつ自分が楽に勝てる相手」を選んでいた。旬の力士を圧倒的な力で叩きのめせば、マスコミが食いつくことがわかっているからだ。

 ところが、現在は遠藤逸ノ城の人気も落ち着き、旬と呼べる力士は皆無。かといって、周囲が普段以上に白熱する中、自分だけ何もしないのもバツが悪い。そこで横綱候補でもある照ノ富士を指名しようとしたのだが……。ある相撲関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る