• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

競泳萩野のリオ五輪金に暗雲…瀬戸躍進の焦りから故障再発

 競泳男子のエースの復帰が先送りされた。6月末のフランス合宿で右手を骨折した萩野公介(21=東洋大)の回復が、大幅に遅れているのだ。

 16日は上月スポーツ賞の表彰式に出席。「今年はうまくいかないことが多かったけど、(表彰されて)また頑張ろうという気持ちになりました」と前向きに話したが、前途は多難だ。

 当初「全治2カ月」と診断され、8月上旬には泳ぎを再開するなど、順調に回復。8月の学生選手権(インカレ)、和歌山国体での復帰を目指したが、患部に腫れと痛みが出たため欠場を余儀なくされた。復帰を予定している10月のW杯(東京)出場の見通しすら立っていない状況だ。今でも練習中に腫れと痛みが出るため、本格的な泳ぎの練習は控えており、「いつ復帰できるか分からない」(萩野)という。

 日本を代表するスイマーの復帰がずれ込んだのは、ライバルの存在と無関係ではない。8月上旬の世界選手権(ロシア・カザン)で同じ年の瀬戸大也(21=早大)が400メートル個人メドレーで日本人初の連覇を達成し、来年のリオ五輪代表に内定したからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る