競泳萩野のリオ五輪金に暗雲…瀬戸躍進の焦りから故障再発

公開日:  更新日:

 競泳男子のエースの復帰が先送りされた。6月末のフランス合宿で右手を骨折した萩野公介(21=東洋大)の回復が、大幅に遅れているのだ。

 16日は上月スポーツ賞の表彰式に出席。「今年はうまくいかないことが多かったけど、(表彰されて)また頑張ろうという気持ちになりました」と前向きに話したが、前途は多難だ。

 当初「全治2カ月」と診断され、8月上旬には泳ぎを再開するなど、順調に回復。8月の学生選手権(インカレ)、和歌山国体での復帰を目指したが、患部に腫れと痛みが出たため欠場を余儀なくされた。復帰を予定している10月のW杯(東京)出場の見通しすら立っていない状況だ。今でも練習中に腫れと痛みが出るため、本格的な泳ぎの練習は控えており、「いつ復帰できるか分からない」(萩野)という。

 日本を代表するスイマーの復帰がずれ込んだのは、ライバルの存在と無関係ではない。8月上旬の世界選手権(ロシア・カザン)で同じ年の瀬戸大也(21=早大)が400メートル個人メドレーで日本人初の連覇を達成し、来年のリオ五輪代表に内定したからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る