47歳でなぜ再挑戦? ゴン中山の「現役復帰」に飛び交うウワサ

公開日: 更新日:

 J2札幌に所属していた元日本代表FW中山雅史(47)は12年12月、「一線を退く」と記者発表した。

 当時、持病の両ヒザ痛は「歩いていても急に痛みに襲われ、前のめりに倒れることもあった」(サッカー記者)ほど。中山本人は「引退とは口にしません」と強調していたが、誰もが現役引退と受け取った。

 ところが9月5日にJFL(Jリーグ4部に相当)のアスルクラロ沼津(静岡)の練習に参加したどころか、先日「11月末までの3カ月契約を結んだ」ことを沼津が正式発表。10月3日のソニー仙台戦にメンバー登録され、試合終盤に途中出場の公算大というのだ。

「あるサッカー関係者が『テレビのドキュメンタリーを制作しているのでは? 試合中の映像を彩りとして添えるため』と言えば、別の関係者は『沼津も中山も、スポーツ用品メーカーP社と密接なつながりがある。P社の仕掛けでは?』と話していた。ところが確認してみると、テレビ、スポーツ用品メーカーとも、今回の沼津入りとは無関係だった」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る