• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

47歳でなぜ再挑戦? ゴン中山の「現役復帰」に飛び交うウワサ

 J2札幌に所属していた元日本代表FW中山雅史(47)は12年12月、「一線を退く」と記者発表した。

 当時、持病の両ヒザ痛は「歩いていても急に痛みに襲われ、前のめりに倒れることもあった」(サッカー記者)ほど。中山本人は「引退とは口にしません」と強調していたが、誰もが現役引退と受け取った。

 ところが9月5日にJFL(Jリーグ4部に相当)のアスルクラロ沼津(静岡)の練習に参加したどころか、先日「11月末までの3カ月契約を結んだ」ことを沼津が正式発表。10月3日のソニー仙台戦にメンバー登録され、試合終盤に途中出場の公算大というのだ。

「あるサッカー関係者が『テレビのドキュメンタリーを制作しているのでは? 試合中の映像を彩りとして添えるため』と言えば、別の関係者は『沼津も中山も、スポーツ用品メーカーP社と密接なつながりがある。P社の仕掛けでは?』と話していた。ところが確認してみると、テレビ、スポーツ用品メーカーとも、今回の沼津入りとは無関係だった」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る