• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

47歳でなぜ再挑戦? ゴン中山の「現役復帰」に飛び交うウワサ

 J2札幌に所属していた元日本代表FW中山雅史(47)は12年12月、「一線を退く」と記者発表した。

 当時、持病の両ヒザ痛は「歩いていても急に痛みに襲われ、前のめりに倒れることもあった」(サッカー記者)ほど。中山本人は「引退とは口にしません」と強調していたが、誰もが現役引退と受け取った。

 ところが9月5日にJFL(Jリーグ4部に相当)のアスルクラロ沼津(静岡)の練習に参加したどころか、先日「11月末までの3カ月契約を結んだ」ことを沼津が正式発表。10月3日のソニー仙台戦にメンバー登録され、試合終盤に途中出場の公算大というのだ。

「あるサッカー関係者が『テレビのドキュメンタリーを制作しているのでは? 試合中の映像を彩りとして添えるため』と言えば、別の関係者は『沼津も中山も、スポーツ用品メーカーP社と密接なつながりがある。P社の仕掛けでは?』と話していた。ところが確認してみると、テレビ、スポーツ用品メーカーとも、今回の沼津入りとは無関係だった」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る