横浜FC山口監督のクビを飛ばした“重鎮”三浦カズの扱い方

公開日:  更新日:

 横浜FCの山口素弘監督(45)が解任されたのは、J2の日程を2試合残した11月13日だった。

 解任理由は「大ベテランのFW三浦カズを邪険に扱った」(サッカー関係者)からである。

「横浜FCのオーナーがカズの熱烈なファン。カズは来年2月で48歳になるが、50歳を越えても現役を続けさせるつもりでいる」(前出の関係者)

 しかし、カズの衰えは歴然。ここ数年来、メンバー表にカズの名前があると相手選手は「カズさんが出てきたら相手は10人も同然」とほくそ笑んでいる。山口監督も「カズさんは使えない」がホンネだが、オーナーの意向は無視できず、悶々とする日々を送っていた。

 7月26日・土曜日のホームでの磐田戦。午後6時キックオフ。夏休みに入り、子ども客も多かった。強豪相手に後半17分の段階で3-0と大量リード。後半41分に横浜FCが、この試合3人目の交代選手を用意した。ファンサービスの意味からも、ベンチスタートのカズがピッチに出てくると誰もが確信していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る