• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

横浜FC山口監督のクビを飛ばした“重鎮”三浦カズの扱い方

 横浜FCの山口素弘監督(45)が解任されたのは、J2の日程を2試合残した11月13日だった。

 解任理由は「大ベテランのFW三浦カズを邪険に扱った」(サッカー関係者)からである。

「横浜FCのオーナーがカズの熱烈なファン。カズは来年2月で48歳になるが、50歳を越えても現役を続けさせるつもりでいる」(前出の関係者)

 しかし、カズの衰えは歴然。ここ数年来、メンバー表にカズの名前があると相手選手は「カズさんが出てきたら相手は10人も同然」とほくそ笑んでいる。山口監督も「カズさんは使えない」がホンネだが、オーナーの意向は無視できず、悶々とする日々を送っていた。

 7月26日・土曜日のホームでの磐田戦。午後6時キックオフ。夏休みに入り、子ども客も多かった。強豪相手に後半17分の段階で3-0と大量リード。後半41分に横浜FCが、この試合3人目の交代選手を用意した。ファンサービスの意味からも、ベンチスタートのカズがピッチに出てくると誰もが確信していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る