• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

13勝目の阪神藤浪に江夏氏が課した「真のエース」の条件

 チームを背負う気概がうかがえたのが、この日の阪神・藤浪だ。

 中日打線を8回7安打、9奪三振で無失点に抑えると、守護神・呉昇桓につなぐ完封リレー。打線も少ないチャンスをものにして、チームの連敗は3で止まった。藤浪はハーラートップの広島マエケンに並ぶ13勝目。201奪三振はリーグ断トツ。シーズン前に「ノルマは180回」と言った投球回数にも残り1イニングとなった。

 200以上の奪三振は、セ・リーグの日本人投手では04年の阪神・井川慶(228個・現オリックス)以来。だが、その井川に比べて投球回数はまだまだ物足りない。井川は01年から06年までの間に200回以上が4度。192回も1度(残りは172回3分の1)ある。

 当時の星野、岡田両監督は中継ぎを休ませることができる左腕を高く評価していた。藤浪の投球回数は、13年137回3分の2、14年163回。今季は、200回に届く勢いだが、元阪神のエース江夏豊氏によれば、「今は昔とは時代が違う。エースは15ぐらい勝って、負けは10以下。220回以上投げる」という条件を出している。この数字をクリアしなければ、阪神のエースにはなれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る