• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鶴竜の変化に横審は賛否両論 「みっともない」の声なぜ出ない

 そういう問題ではないだろう。

 大相撲の横綱審議委員会は28日、定例会合を開き、横綱9場所目にして昇進後初優勝を果たした鶴竜(30)の稀勢の里戦での2度の立ち合いでの変化が話題になった。

 守屋秀繁委員長は「横綱としては好ましくないという意見や、禁じ手ではないので勝つためには仕方がないという意見があった」と賛否両論の声が上がったことを明かしたが、変化が禁じ手でないことは誰でも知っていることだ。横綱には、がっぷり四つに組む横綱らしい相撲を求めているファンからすれば、「勝つためなら横綱が立ち合いで変化してもいいのか」ということが問題なのだ。

 立ち合いで一度も変化したことがなかった元武双山の藤島親方は「変化は汚い手段だと思っている」と言ったが、相撲を勝つか負けるかの単なる競技と考えるモンゴル人力士にとっては意味のない議論かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る