• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鶴竜の変化に横審は賛否両論 「みっともない」の声なぜ出ない

 そういう問題ではないだろう。

 大相撲の横綱審議委員会は28日、定例会合を開き、横綱9場所目にして昇進後初優勝を果たした鶴竜(30)の稀勢の里戦での2度の立ち合いでの変化が話題になった。

 守屋秀繁委員長は「横綱としては好ましくないという意見や、禁じ手ではないので勝つためには仕方がないという意見があった」と賛否両論の声が上がったことを明かしたが、変化が禁じ手でないことは誰でも知っていることだ。横綱には、がっぷり四つに組む横綱らしい相撲を求めているファンからすれば、「勝つためなら横綱が立ち合いで変化してもいいのか」ということが問題なのだ。

 立ち合いで一度も変化したことがなかった元武双山の藤島親方は「変化は汚い手段だと思っている」と言ったが、相撲を勝つか負けるかの単なる競技と考えるモンゴル人力士にとっては意味のない議論かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る