ヒザの大怪我から半年…親方衆も期待する遠藤“蘇生”の理由

公開日: 更新日:

 鶴竜が立ち合いで変わってはたきこみ、栃煌山がバッタリ。大相撲秋場所11日目の結びの一番が一人横綱の立ち合い変化では、館内のファンがブーイングを飛ばしたのも当然だ。

 白鵬と日馬富士の両横綱が休場中。日本人力士にとっては千載一遇のチャンスでありながら、束になってもモンゴル勢にはかなわない。先場所10勝して大関取りが期待される栃煌山は6勝5敗。8勝2敗と好調の大関琴奨菊も全勝の照ノ富士に一蹴。十八番の「がぶり寄り」も通用しなかった。

 今や日本人力士はモンゴル勢の引き立て役。そんな中、親方衆が「モンゴルを倒すのはアイツしかいない」と期待をかけるのが遠藤(24)だ。

 13年9月場所に幕内デビューし、一躍人気力士の仲間入り。しかし、肝心の結果がついてこず、親方衆からは「期待外れ。大関取りなんて悪い冗談さ」と酷評された。それが手のひらを返したように、「遠藤ならやれる」ときたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る