• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

優勝決定戦制し横綱昇進後初Vも 鶴竜が本割で負けた裏事情

 横綱鶴竜(30)の2度目の優勝で幕を閉じた9月場所。しかし、多くの関係者は結果が出る前から、「本割で鶴竜が照ノ富士に負けて3敗で並ぶ。そして優勝決定戦で鶴竜が勝つ」と口を揃えていた。

 その予想通り、結びの一番で勝ったのは大関照ノ富士(23)だ。13日目に右ヒザ靱帯を負傷し、14日目はマトモに相撲を取れなかったが、一方的に横綱を寄り切り。優勝決定戦は鶴竜が上手出し投げで大関をあっさり転がした。

 これで鶴竜は横綱としては念願の初優勝。惜しくも賜杯を逃した照ノ富士は、それでも優勝同点。来場所は綱取りに挑戦できる。横綱に昇進するためには2場所連続優勝か、それに準じる成績でなければいけない。

「優勝に準じる成績」はケースバイケースだが、優勝同点ならば綱取りの資格はある。鶴竜も昨年1月場所と3月場所を、優勝同点、優勝で横綱に昇進している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事