ハリル監督「彼が必要」とベタ褒めも…FW南野初抜擢の裏側

公開日:  更新日:

 日本サッカー協会(JFA)は1日、W杯アジア2次予選シリア戦(8日=オマーン・マスカット)、親善試合イラン戦(13日=テヘラン)の代表メンバー23人を発表した。注目を集めたのが、初めて日本代表に招集されたFW南野拓実(20)。オーストリアのザルツブルクでプレーする新鋭である。

 選考理由をハリルホジッチ監督は「近代サッカーに適応しているストライカー。日本代表は相手ゴール前での効率性がいまひとつなので彼が必要だ。数年後には日本代表にとって効果的な存在となる」とベタボメ。続けて「若い世代を信頼して使っていくことに躊躇はない」と言い切った。

 もっとも、この指揮官のコメントは額面通りには受け止められない。

 先月8日、日本代表はW杯予選で格下アフガニスタンと対戦。FW岡崎とMF香川が各2得点、FW本田が1得点と欧州組の活躍で6-0の一方的な展開となったが、彼我の圧倒的なレベル差を考えれば、Jリーグ組だけでも楽勝だったハズだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る