圧勝も評価上がらず ハリル監督に“ピッチ外の不安”指摘の声

公開日: 更新日:

 ロシアW杯アジア2次予選初のアウェーとなったアフガニスタン戦は、前半10分、MF香川の先制点が決まり、35分にDF森重がチーム2点目を押し込んだ時点で勝負あった。後半に4点を加えて6―0。予選の通算成績を2勝1分け(得点9・失点0)とした。

 ハリルホジッチ監督は試合後、「希望していた通りに選手たちが大差で勝ってくれた。引いた相手で難しい試合だったが、本当によくやってくれた」と笑みを浮かべながらコメントしたが、圧勝は選手の好パフォーマンスによるところが大きく、指揮官の手腕ではなかった。サッカージャーナリストの六川亨氏がこう言う。

「W杯2次予選レベルでモタついたのは、ハリルホジッチ監督が前線に縦パスを送って攻撃を展開していくことにこだわり、選手たちも忠実にやろうとし過ぎ、逆に攻守のリズムを崩してしまったから。この日は中央突破あり、サイド攻撃あり、ドリブル突破ありと攻撃も多彩でした。前線の選手も相手ゴール前で縦パスを待ち構えるのではなく、ペナルティーエリア内外を自在に動きながら攻撃を活性化させ、それが6得点につながったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る