• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

圧勝も評価上がらず ハリル監督に“ピッチ外の不安”指摘の声

 ロシアW杯アジア2次予選初のアウェーとなったアフガニスタン戦は、前半10分、MF香川の先制点が決まり、35分にDF森重がチーム2点目を押し込んだ時点で勝負あった。後半に4点を加えて6―0。予選の通算成績を2勝1分け(得点9・失点0)とした。

 ハリルホジッチ監督は試合後、「希望していた通りに選手たちが大差で勝ってくれた。引いた相手で難しい試合だったが、本当によくやってくれた」と笑みを浮かべながらコメントしたが、圧勝は選手の好パフォーマンスによるところが大きく、指揮官の手腕ではなかった。サッカージャーナリストの六川亨氏がこう言う。

「W杯2次予選レベルでモタついたのは、ハリルホジッチ監督が前線に縦パスを送って攻撃を展開していくことにこだわり、選手たちも忠実にやろうとし過ぎ、逆に攻守のリズムを崩してしまったから。この日は中央突破あり、サイド攻撃あり、ドリブル突破ありと攻撃も多彩でした。前線の選手も相手ゴール前で縦パスを待ち構えるのではなく、ペナルティーエリア内外を自在に動きながら攻撃を活性化させ、それが6得点につながったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る