圧勝も評価上がらず ハリル監督に“ピッチ外の不安”指摘の声

公開日:  更新日:

 ロシアW杯アジア2次予選初のアウェーとなったアフガニスタン戦は、前半10分、MF香川の先制点が決まり、35分にDF森重がチーム2点目を押し込んだ時点で勝負あった。後半に4点を加えて6―0。予選の通算成績を2勝1分け(得点9・失点0)とした。

 ハリルホジッチ監督は試合後、「希望していた通りに選手たちが大差で勝ってくれた。引いた相手で難しい試合だったが、本当によくやってくれた」と笑みを浮かべながらコメントしたが、圧勝は選手の好パフォーマンスによるところが大きく、指揮官の手腕ではなかった。サッカージャーナリストの六川亨氏がこう言う。

「W杯2次予選レベルでモタついたのは、ハリルホジッチ監督が前線に縦パスを送って攻撃を展開していくことにこだわり、選手たちも忠実にやろうとし過ぎ、逆に攻守のリズムを崩してしまったから。この日は中央突破あり、サイド攻撃あり、ドリブル突破ありと攻撃も多彩でした。前線の選手も相手ゴール前で縦パスを待ち構えるのではなく、ペナルティーエリア内外を自在に動きながら攻撃を活性化させ、それが6得点につながったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る