解雇処分を逆恨みして報復も 熊ケ谷親方に相撲協会戦々恐々

公開日:  更新日:

 この男に世間の常識など通用しない。

 1日、日本相撲協会は理事会を行い、熊ケ谷親方(元十両金親)の懲戒解雇処分を決めた。熊ケ谷親方は個人マネジャーを金属バットや金づちで殴るなどの暴行を加えたとして、9月に逮捕。傷害罪で起訴されている。写真週刊誌に掲載された被害男性の姿は凄惨そのもの。下半身は紫色に腫れあがり、ヒザからも大量の出血。傷害どころか「殺人未遂」と言われてもおかしくないものだ。

 熊ケ谷親方は06年にも、愛人に語ったとされる白鵬と朝青龍の八百長を週刊誌上で暴露され、訴訟沙汰の事件を起こしている。裁判は協会が勝ち、熊ケ谷親方は降格処分。その時、始末書に「再度問題を起こした場合は解雇を受け入れる」としたためていた。

 ところが、当然の解雇処分に熊ケ谷親方は徹底抗戦の構え。協会危機管理委員会の宗像委員長によれば、「処分は時期尚早。クビなら訴訟する」と話していたというのだから、一体何を考えているのか。デタラメだらけの北の湖理事長ですら、「訴訟? それは一般常識として通るのか」と、絶句していたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る