解雇処分を逆恨みして報復も 熊ケ谷親方に相撲協会戦々恐々

公開日:  更新日:

 この男に世間の常識など通用しない。

 1日、日本相撲協会は理事会を行い、熊ケ谷親方(元十両金親)の懲戒解雇処分を決めた。熊ケ谷親方は個人マネジャーを金属バットや金づちで殴るなどの暴行を加えたとして、9月に逮捕。傷害罪で起訴されている。写真週刊誌に掲載された被害男性の姿は凄惨そのもの。下半身は紫色に腫れあがり、ヒザからも大量の出血。傷害どころか「殺人未遂」と言われてもおかしくないものだ。

 熊ケ谷親方は06年にも、愛人に語ったとされる白鵬と朝青龍の八百長を週刊誌上で暴露され、訴訟沙汰の事件を起こしている。裁判は協会が勝ち、熊ケ谷親方は降格処分。その時、始末書に「再度問題を起こした場合は解雇を受け入れる」としたためていた。

 ところが、当然の解雇処分に熊ケ谷親方は徹底抗戦の構え。協会危機管理委員会の宗像委員長によれば、「処分は時期尚早。クビなら訴訟する」と話していたというのだから、一体何を考えているのか。デタラメだらけの北の湖理事長ですら、「訴訟? それは一般常識として通るのか」と、絶句していたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る