• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒田の来季も不透明 CS逃した広島はこれからが“本当の戦い”

 広島は7日の中日戦に敗れ、4位が確定。3位阪神にわずか0.5ゲーム差でCS進出を逃した。今季、本拠地マツダスタジアムの観客動員は球団史上最多となる200万人超を記録。ファンの期待を大きく裏切ったことで、オフは激震が走りそうだ。

 今季15勝を挙げ、5年ぶりに最多勝のタイトルを獲得した先発の前田健太(27)は7回無失点の力投を見せながら、この日も打線の援護を得られなかった。優勝もCSキップも逃したことで、今オフもまたポスティングによるメジャー移籍を引っ込めざるを得ないと思ったら、本人にはそのつもりはないらしい。この日の試合後、前田は「家族もそうだし、球団もそう。話し合って決めていくと思う」と改めてメジャー行きを訴えることを示唆し、試合後のセレモニーでは最後までグラウンドに残ってスタンドにボールを投げ入れ、何度もファンにお辞儀をした。涙をこらえる姿はファンとの最後の別れを惜しんでいるようにも見えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る