黒田の来季も不透明 CS逃した広島はこれからが“本当の戦い”

公開日: 更新日:

 広島は7日の中日戦に敗れ、4位が確定。3位阪神にわずか0.5ゲーム差でCS進出を逃した。今季、本拠地マツダスタジアムの観客動員は球団史上最多となる200万人超を記録。ファンの期待を大きく裏切ったことで、オフは激震が走りそうだ。

 今季15勝を挙げ、5年ぶりに最多勝のタイトルを獲得した先発の前田健太(27)は7回無失点の力投を見せながら、この日も打線の援護を得られなかった。優勝もCSキップも逃したことで、今オフもまたポスティングによるメジャー移籍を引っ込めざるを得ないと思ったら、本人にはそのつもりはないらしい。この日の試合後、前田は「家族もそうだし、球団もそう。話し合って決めていくと思う」と改めてメジャー行きを訴えることを示唆し、試合後のセレモニーでは最後までグラウンドに残ってスタンドにボールを投げ入れ、何度もファンにお辞儀をした。涙をこらえる姿はファンとの最後の別れを惜しんでいるようにも見えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る