黒田の来季も不透明 CS逃した広島はこれからが“本当の戦い”

公開日:  更新日:

 広島は7日の中日戦に敗れ、4位が確定。3位阪神にわずか0.5ゲーム差でCS進出を逃した。今季、本拠地マツダスタジアムの観客動員は球団史上最多となる200万人超を記録。ファンの期待を大きく裏切ったことで、オフは激震が走りそうだ。

 今季15勝を挙げ、5年ぶりに最多勝のタイトルを獲得した先発の前田健太(27)は7回無失点の力投を見せながら、この日も打線の援護を得られなかった。優勝もCSキップも逃したことで、今オフもまたポスティングによるメジャー移籍を引っ込めざるを得ないと思ったら、本人にはそのつもりはないらしい。この日の試合後、前田は「家族もそうだし、球団もそう。話し合って決めていくと思う」と改めてメジャー行きを訴えることを示唆し、試合後のセレモニーでは最後までグラウンドに残ってスタンドにボールを投げ入れ、何度もファンにお辞儀をした。涙をこらえる姿はファンとの最後の別れを惜しんでいるようにも見えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る