• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

さくらが初日好位置に 横峯家「おめでた続き」の効果絶大

【サイム・ダービーLPGA】

 今週は米女子ツアー・アジアシリーズ5連戦の初戦。日本人3選手が出場したなかで、横峯さくら(29)が5バーディー、1ボギーの67で回り、首位と2打差の4アンダー7位タイにつけた。

 先週は日本女子オープンに出場して、月曜日はクラブ契約を結ぶゴルフメーカーの記者発表に出席。そこからマレーシアへ移動と慌ただしかったが、イン発進のこの日はショット、パットとも冴えた。雷雨による中断までノーボギーだった。再開後の上がり9番でのボギーが痛かった。

 さくらの好調なゴルフは、海外でも玄米中心の和食がパワー源になっている。常に炊飯器を持参し、「納豆ふりかけ」「ひじき」「おくら」は欠かさない。

「森川君と結婚してからさくらも手料理を作るようになって、だいぶ腕を上げています。スナック菓子やジャンクフードを一切口にしなくなったので顔にブツブツも出なくなった。それに横峯家のおめでた続きから“わたしも頑張ろう”と気合が入っているようです」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る