日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

さくらが初日好位置に 横峯家「おめでた続き」の効果絶大

【サイム・ダービーLPGA】

 今週は米女子ツアー・アジアシリーズ5連戦の初戦。日本人3選手が出場したなかで、横峯さくら(29)が5バーディー、1ボギーの67で回り、首位と2打差の4アンダー7位タイにつけた。

 先週は日本女子オープンに出場して、月曜日はクラブ契約を結ぶゴルフメーカーの記者発表に出席。そこからマレーシアへ移動と慌ただしかったが、イン発進のこの日はショット、パットとも冴えた。雷雨による中断までノーボギーだった。再開後の上がり9番でのボギーが痛かった。

 さくらの好調なゴルフは、海外でも玄米中心の和食がパワー源になっている。常に炊飯器を持参し、「納豆ふりかけ」「ひじき」「おくら」は欠かさない。

「森川君と結婚してからさくらも手料理を作るようになって、だいぶ腕を上げています。スナック菓子やジャンクフードを一切口にしなくなったので顔にブツブツも出なくなった。それに横峯家のおめでた続きから“わたしも頑張ろう”と気合が入っているようです」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事