菅野から値千金の適時打 ヤクルト今浪は母親も有名な名脇役

公開日:  更新日:

「1打席目、2打席目と死んだふりをしていたので、そろそろ……とは思ってました」

 試合後のお立ち台でこう言った。

 六回、ヤクルトが1点を先制して、なおも2死一、三塁の場面。菅野のカーブを左翼前にはじき返す値千金の適時打を放った。

 1打席目が投ゴロ併殺なら、2死満塁の2打席目は二ゴロ。立て続けにチャンスを潰していただけに、打った瞬間、「やったね!」と思ったそうだ。

 昨季13試合、今季68試合しか出場していない内野手の控えが、この日は7番・遊撃でスタメン出場。ここ2年、対菅野に7打数3安打の相性を買われての抜擢にバットで応えた。

 福岡出身。野球留学した京都の平安高では、甲子園に2度出場。明大を経て、06年の大学社会人ドラフト7位で日本ハムに入団した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る