菅野から値千金の適時打 ヤクルト今浪は母親も有名な名脇役

公開日: 更新日:

「1打席目、2打席目と死んだふりをしていたので、そろそろ……とは思ってました」

 試合後のお立ち台でこう言った。

 六回、ヤクルトが1点を先制して、なおも2死一、三塁の場面。菅野のカーブを左翼前にはじき返す値千金の適時打を放った。

 1打席目が投ゴロ併殺なら、2死満塁の2打席目は二ゴロ。立て続けにチャンスを潰していただけに、打った瞬間、「やったね!」と思ったそうだ。

 昨季13試合、今季68試合しか出場していない内野手の控えが、この日は7番・遊撃でスタメン出場。ここ2年、対菅野に7打数3安打の相性を買われての抜擢にバットで応えた。

 福岡出身。野球留学した京都の平安高では、甲子園に2度出場。明大を経て、06年の大学社会人ドラフト7位で日本ハムに入団した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  7. 7

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  8. 8

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  9. 9

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  10. 10

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る