菅野から値千金の適時打 ヤクルト今浪は母親も有名な名脇役

公開日: 更新日:

「1打席目、2打席目と死んだふりをしていたので、そろそろ……とは思ってました」

 試合後のお立ち台でこう言った。

 六回、ヤクルトが1点を先制して、なおも2死一、三塁の場面。菅野のカーブを左翼前にはじき返す値千金の適時打を放った。

 1打席目が投ゴロ併殺なら、2死満塁の2打席目は二ゴロ。立て続けにチャンスを潰していただけに、打った瞬間、「やったね!」と思ったそうだ。

 昨季13試合、今季68試合しか出場していない内野手の控えが、この日は7番・遊撃でスタメン出場。ここ2年、対菅野に7打数3安打の相性を買われての抜擢にバットで応えた。

 福岡出身。野球留学した京都の平安高では、甲子園に2度出場。明大を経て、06年の大学社会人ドラフト7位で日本ハムに入団した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    <35>納得いく表現のために猫を…漫画家・平田弘史の狂気

  10. 10

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

もっと見る