菅野から値千金の適時打 ヤクルト今浪は母親も有名な名脇役

公開日:  更新日:

「1打席目、2打席目と死んだふりをしていたので、そろそろ……とは思ってました」

 試合後のお立ち台でこう言った。

 六回、ヤクルトが1点を先制して、なおも2死一、三塁の場面。菅野のカーブを左翼前にはじき返す値千金の適時打を放った。

 1打席目が投ゴロ併殺なら、2死満塁の2打席目は二ゴロ。立て続けにチャンスを潰していただけに、打った瞬間、「やったね!」と思ったそうだ。

 昨季13試合、今季68試合しか出場していない内野手の控えが、この日は7番・遊撃でスタメン出場。ここ2年、対菅野に7打数3安打の相性を買われての抜擢にバットで応えた。

 福岡出身。野球留学した京都の平安高では、甲子園に2度出場。明大を経て、06年の大学社会人ドラフト7位で日本ハムに入団した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る